前へ
次へ

交通事故の交渉であえて弁護士に依頼するとき

日常生活を普通に送っていれば法律事務所や弁護士に依頼することはあまりないかもしれません。いざ相談をするとわかりますが相談料として30分で5千円もかかるとされています。庶民の立場から考えるとたったの30分で5千円もかかる相談を安易に利用しようと考えないかもしれません。ただ交通事故関連においては重い腰を上げる人がいるようで、交渉が進んでいるにもかかわらずあえて弁護士に依頼をして有利に進めようとするときがあります。交通事故が発生して相手と交渉するとき、自動車同士の事故なら互いに加入している保険会社同士で交渉を行います。時には同じ保険会社同士の話し合いになることもあるでしょうが、もちろん加入者の立場を考慮しての交渉が行われます。ただ過失が多い方は払う額も多くなるので、どうしてもそれを減らそうと過失が少ない側に対抗してくることもあるようです。その状態になったときに相手の誠意を感じられなくなって弁護士に依頼するケースが出てきます。

Page Top